ドキドキ!初めてのサーフィンをしてきました。

私の地元は冬になるとスノーボードやスキーが盛んなのですが、去年スノーボードを初めてやってとても楽しかったので、サーフィンにも興味を持ち始めていました。

しかし、私は泳ぐのがそんなに得意ではないし海が少し怖いのでサーフィンを始めようかどうしようかとても悩んでいました。

先日サーフィンショップのサイトを見ているととても良いショップを発見しました。

初心者でも優しく教えてくださるらしく、また家からとても近いということで、思いきってそのショップへ行ってみることにしました。

お店には優しそうな男性が。

すぐに着替えて一緒に海へ向かいました。

その日はあまり天気が良くなかったのですが、海へ入ることに決めました。

自分よりも大きいボードはとても重くてびっくりしました。

まず海の上でボードにうつ伏せになったのですが、バランスをとるのに必死でした。小さい波が来たので立ってみようとしましたが、上手くバランスが取れず海にドボンと落ちてしまいました。

お店の方にも乗ってもらったのですが、とても上手でびっくりしました。

二時間ほど挑戦してその日は終了となりました。

結局、上手く波にのることはできませんでした。

思っているより本当に難しいのですね。

次回は乗れるように頑張りたいです。

何かを削っているのでしょう

都市だと、駐車料金が2万円も行う。更に、確約という編制があるようです。5万円の確約は、帰っては欠けるのではないでしょうか。パーキングが特別処分もいらないしいいのですが、住居を建てないとそれを借り受けるクライアントがいません。
月々の2万円と、確約は、パーキングを借りられないことを意味するのか、パーキングの空は多いです。中には、広範囲車種で、2台分のパーキングを借りていらっしゃる太っ腹もいます。住居は、上質ではないので、何かを削っているのでしょう。
駐車料金が安くならない以上、車種は売れないのではないかと思ってしまう。30ファミリーあって、借りているのは、たったの2軒だけなのです。
暮らしも必然的に変わってきます。

少ないミュージアム

身は、アート品物を見ることが好きなのですが日々の忙しさに結構ミュージアムへ行けません。書斎で画集などを見て、本物を見たいなあと思っています。そんな中で喜びを見つけました。
それはターミナルなどで展示されて掛かる、嗜好のみなさんの品物に触れることです。どうにもの品物ぞろいで見ている方もおかしいだ。仕事帰り疲れていても、絵画などが展示されていると立ち止まって見ていしまう。
そうやって見ていると街中にアートがたくさんあることが気がつきます。駅前の廊下にタイルでモザイク画が作られていたり、住まいの中にオブジェが置いてあったり。次そういうものを見ながら、散歩するのも良いなと思っています。はなはだ宜しい方法と出会えそうです。

今日の日記

先ほど再び外出してきました。

昼食はいつもできるだけ自宅で料理したものを戴くのですが、今日は凄く久々にたこ焼きが食べたくなってしまい、近所の歩いて10分のところにある、てこやというたこ焼き屋さんでたこ焼きを買ってきました。

たこ焼きを食べるのは、本当に半年ぶりくらいです。

涼しい季節に温かいたこ焼きがいつも食べたくなります。

今日は、12個入りを3パック買ってきました。

1パックは自分の昼食に、残りの2パックは家族の分です。

家族が帰宅するころには、たこ焼きはすっかり冷めてしまいますがレンジで温めて食べてもらおうと思います。

家族もたこ焼きを食べるのは凄く久々なんじゃないかと思います。

今日行ったお店のてこやは、人気のチェーン店で私もこちらのたこ焼きが大好きです。

たこ焼きを買うときはいつもこのお店に決めています。

たこ焼きを食べた後は、少しだけ晩御飯の準備をしました。

まず、レタスとキャベツ、ベビーリーフ、トマト、チーズでサラダを作りました。

そして、卵とわかめとアサリのスープを作りました。

スープは、煮干でしっかりとだしを取りました。

メインのおかずはもう少し後に作ろうと思います。

メインは、グラタンにしようと思っています。

これから少し掃除をしてティータイムにしたいと思います。

クルマがありません

30代のアベックが出掛けられないのには、論拠があります。マイカーを欠けるのです。ぶらっと、ドライブすることはできません。
昔は、タクシーをユーザーがお裕福という模様だ。今でも、そのセンスが抜けきれません。ただし、市街地では、タクシーを使う人は、余裕のない顧客なのです。そのせいか、タクシー乗員の運転の荒いことと言ったらありません。何とも怖くて、乗れません。敢えて乱暴にしたり決める。
近距離のが不愉快のでしょう。それでも、使わないといけません。
タクシーを使って、宅配をするわけにもいきません。島村も、デパートも駅舎の近くにはないのです。洗い浚い、マイカーの顧客用だ。大都心だと、物件は良くてもということがあります。

歴史好きな子供と岡崎城に行ってきましたパート2

「歴史好きな子供と岡崎城に行ってきました」の続きを書きたいと思います。岡崎城の階段を上がって、2階は幕末武士の刀の展覧会をしていました。武士の絵がアニメ風に書かれていて、かっこいいです。私が知っている武士は永倉新八だけであとはわかりませんでした。

3階はビジオラマと言って、江戸時代の岡崎城下を再現していて、左側はジオラマだけど、右側は立体模型に影絵のような映像が流れました。一日の流れが分かるように明るくなったり暗くなったりしました。4階は江戸時代の岡崎城の模型でした。5階は展望台ですが、ちょうど版画を作るイベントをやっていました。実際に掘ったものに自分でインクをつけて紙に刷っていきます。これなら小さい子供でもできます。完成すると、岡崎城の絵になりました。

岡崎城を出て、今度は三河武士のやかた家康館に行きました。途中で家康の像があったり、からくり時計がありました。からくり時計はちょうど12時だったので、家康が能を舞っているところが見えました。

三河武士のやかた家康館に入ると、ここもクイズをしていて、今度は子供が「やる」と言ったので、やりました。最初は特別展示室で、岡崎城と一緒で幕末武士の刀の展覧会をしていました。

同級生のビックリニュース

中学のときから仲の良い男友達がいます。
実は高校のときに一年間彼氏として付き合っていた人なのですが、別れてからもずっと友達として付き合いを続けてきました。
本当に気楽で付き合いやすい友達なのですが、昔からなんていうか、決して優秀とも努力家とも言えず、性格も結構まぬけでだらしないところがあるのです。
しかしながら不思議なことに回りの友達は優秀な人やイケメンの人が信じられないほど多いのです。
周りに恵まれているのですね。一種の才能だと思います。実は彼は定職についたことが一度もありません。
しばらくずっと親のお金で旅行したりブランドバッグを買いあさっていたみたいですが、最近SNSで知ったのですが、どうやら芸能事務所を立ち上げたみたいです。
確か中学生のときからポップ歌手になりたい、と自分で言っていたのを覚えていますが、誰にもそういう夢が若いときにあったりしますよね。
それも多少あって自分ではなれなくてもその業界をサポートする事務所を始めたのかと思い、びっくりしながらも少しだけ納得はいきました。
どういうコネや資金があったのかは相変わらず謎ですが。でもビックリニュースはこれからです。
実は先週スタジオで彼自身がレコーディングし、CDを近いうちに発売すると言っていたのです。
皆ショックで「嘘でしょ?!」とコメントしていました。私も信じられませんでした。
冗談かとも思いましたが、来月久しぶりに会いに行く予定なのでそのときには色々と質問してみる予定です。

子供のしつけについて夜な夜な・・・

最近夜な夜なしつけって大事だなあと最近考えることがあります。親のしつけでその子が大人になったときどうなるのか・・が決まってしまうと思うからです。
性格的なことも、基本的なマナーとかも・・・。
絵本の読み聞かせも大事だなとも思います。想像力豊かな、心が豊かなそんな子にわが子がなってくれることを祈るばかりです。
甘えられる、甘えさせてあげられる時間って本当に一瞬の出来事のように終わってしまうから、だからこそその瞬間を一秒もむだにしたくないのです。

しつけといっても、あいさつをする、ごめんなさいとありがとうはきちんと相手に伝える、よそのお家にお邪魔したら靴をそろえる・・・
そんな些細なことしか教えられてないけど、けど自分が親にそう教えてもらったように、自分も伝えていきたいなと思っています。
まだ子供だからってあしらわないで、ちゃんと対等に。大切な時期に大切なことをたくさん伝えていきたいです。

そして大人になってわが子が家庭を持ったときにまた受け継いでいってもらえたら幸せだなーと・・・
私自身まだまだ未熟でこどもに教えてもらうことがたくさんの毎日ですが、子供と一緒に昨日より今日、今日よりも明日が成長した自分でいたいなというのが理想です。
まだ今はやらなきゃいけない事をこなすだけで精いっぱいでダメダメな母ですが子供に対する気持ちや思いは結構ちゃんと持って毎日を大切にしたいものです。

昨日の高校野球について

 第99回全国高校野球選手権大会(甲子園)の茨城大会の決勝が昨日、水戸市民球場で行われました。決勝は土浦日大と霞ヶ浦が戦いました。試合は初め、1回裏に霞ヶ浦が3点を入れるなど、序盤でリードしました。土浦日大も4回表で2点を加えたものの、6回が終わった時点で、7対2で霞ヶ浦が優勢でした。しかし、ここから土浦日大の反撃が始まり、7回から毎回得点を入れて追い上げます。9回表で3点を加えた土浦日大は、霞ヶ浦を一度逆転します。しかし、その霞ヶ浦も9回裏に1点を入れて、9対9の同点となり、延長戦に入りました。

 延長戦ではお互い譲らず、走者が出てもなかなか点数に結びつきにくい状況でした。9対9のまま、15回に入りました。高校野球の規定では、15回で勝負が決まらなかった場合は引き分け再試合になります。私は延長戦の途中からテレビで見ていましたが、なかなか勝負が決まらないので、再試合になるのではないかと思っていました。しかし、その両チームの均衡は破られました。15回表、土浦日大は安打をつなげて、貴重な1点を入れます。その裏、霞ヶ浦も安打で出塁しますが、最後はダブルプレーで無得点に終わりました。10対9で土浦日大が霞ヶ浦に勝ち、見事茨城大会で優勝し、甲子園への切符を手にしました。

 土浦日大が勝利を決めた瞬間、私はとても喜びました。私は土浦日大の出身ではありませんが、同じ県内に住んでいるので気持ちが入りました。昨日の試合は延長15回で約5時間の長い戦いでした。両チームの素晴らしいプレーがあって、心が動かされるような試合を見ることができました。両チームの健闘をたたえたいと思います。土浦日大は甲子園には31年ぶり3回目の出場となります。茨城県の代表になるので、甲子園でも頑張ってもらいたいです。負けた霞ヶ浦も、最後まで粘り強さを見せてくれました。この経験を次に生かしてもらいたいと思います。

 甲子園は8月7日から15日間の日程で行われます。今年はどのようなドラマがあるのか、そしてどの高校が優勝するのかとても楽しみです。